ネイルスクールNANAお客様の為の一層残しオフとネイル写真の綺麗な撮り方

ネイルスクールNANAでもしている、一層残しオフとネイル写真の綺麗に撮るコツ。一層の腰はネイリストの技術の為ではなく、お客様の為に覚えるべき技術。オフ=下準備=仕上がり。仕上がりに直接影響してくるのがオフです。写真を綺麗に撮るのは、お客様の満足度にも影響があり、集客、紹介、そして自身のレベルupの為にもなります。常にネイリストの先生はお客様です。それを忘れずに、自己満足に陥らず、お客様に満足、もっと楽しんでもらえるサービスを・・。

 



 

無料で教える理由

ネイルスクール岐阜NANAの
  一層残しと写真撮影方法

 

ネイルスクールコース紹介

岐阜のネイルスクールNANAの考え

ナ ナの考え(個人的な思い)

ネイル技術上達・DVD 内容紹介

ネイル上達DVD 作成したわけ

セルフジェルネイル 基礎コース

セルフジェルネイル 応用技術コース

自宅ネイルサロン 技術&接客基礎

自宅サロン 応用技術&集客コース

エアーネイルコース

時間切り売りコース

コース内容と料金に関しての考え

ネイルスクールの選び方

一層残しオフ&綺麗な写真の撮り方

お客様からのQ&A

ネイル施術で頂いたお客様の生の声

 

    グーグル地図 


  より大きな地図で
 岐阜のネイルスクールNANA
  の場所をみる

一層残しオフは、安全にお客様に楽しんでもらいたいから
綺麗なネイル写真の撮り方はお客様に楽しんでもらいたい&技術upになる元だから

当HPで、一層残しオフと写真の撮り方をご紹介するのには理由がありまして、

 

a

 


たまに他店からご来店されるお客様で、オフの溶剤がしみる!!や
爪がすごくペラペラになっている方、(自爪がもともと薄いわけではない方です)
ひどい方では爪が薄くなりすぎて、爪の中を火傷している人もいて、悲しく残念に思うときもあります。

 

が、ここで無料提供することで、1人でも多くの方に健康で楽しんでいただければ・・・ という思いです。

 

 

a


全ての方のお客様に、ネイルを安全で健康に楽しんでほしいので、冊子、DVDとは別で、
完全無料で公開しております。 (冊子・DVDではもっと上級部分を詳しく説明しております

 

 

あ

 

 

 

 

写真の撮り方は、自宅サロンをしている方によく聞かれる事の1つ

お客様に対して、綺麗な写真を撮ってあげたい・・・という、お客様にとっての利益が大きいと思い
また、そんなネイリストさんに応えるために無料で載せる事にしました。
(写真撮影に関しては私はプロでないので、いろいろ試した結果、
私なりに一番いい方法で撮ってますので、プロの技術とはいきませんのでご了承ください。)

 

あ

 

ネイルサロンをされている方には、ぜひ、お客様に喜んで楽しんでいただける事を目的に、
ネイリストの方には、是非、ご自信のネイル技術向上の為に、
データ、記録として、詳細にいつでも見れるように、綺麗で鮮明な写真をお勧めしてます。

 

”神は細部に宿る”” という言葉があるように、細かい部分の集まりが
大きなものに変わっていきますので、誰も気づかないような部分から徹底する事で、
最後には、凄く大きな差になってくる事を・・・・ と思います。

 

 

あ

 

 

 

 

 

また、多く質問されることで、ジェルネイルを長く持たせるコツや、やり方、しくみ等もありますが、
それは安全と健康面とは別なので、
全てのコースの 冊子・DVDで詳しく説明しております

(といいましても、オフと長持ちさせるための技術は密接な関係があり、上級レベルになります)


サロンでは、健康で安全に楽しめる のと同時に、綺麗に長持ちさせることも大切です。
そして、健康に楽しんで頂く為には、出来る限り自爪を傷つけない事が大切になります。
最近は、傷つけなくても剥がれにくいジェルや、細かいファイルでもくっつきのいいものもあります。
いろいろなメーカーのをイロイロな使い方をしてみて、試しながら
自身で理解しながら改良していくことが大切だと思います。

また、今からセルフネイルを始められる方や、施術側としてネイルを楽しんでほしい!!と思って
ネイルをはじめる方にぜひ知っておいてほしい事があります。

技術、施術にしてもそうですが、考え方によって、イロイロな方法があります。
なので、その方が中心に考えている事によって、施術方法も、施術の流れも当然違いますし、
1つに統一されることもありません。 (全部最高!!というのは矛盾がでてきちゃいますので。)


それをご理解した上で、意味もわからず人真似をするのではなく
ご自身がやっていきたい事にあった内容の施術をしていっていただけたら・・・ と思います。