ジェルネイルとアクリルエアーの相性と知識岐阜ネイルスクールNANA

ジェルネイルとアクリルエアーネイルの相性とその知識

 



 

岐阜ネイルスクールNANA
  エアーネイルコース紹介

ネイルスクール岐阜NANAの
    エアーネイルコース

 

ネイルスクールコース紹介

岐阜のネイルスクールNANAの考え

ナ ナの考え(個人的な思い)

ネイル技術上達・DVD 内容紹介

ネイル上達DVD 作成したわけ

セルフジェルネイル 基礎コース

セルフジェルネイル 応用技術コース

自宅ネイルサロン 技術&接客基礎

自宅サロン 応用技術&集客コース

エアーネイルコース

時間切り売りコース

コース内容と料金に関しての考え

ネイルスクールの選び方

一層残しオフ&綺麗な写真の撮り方

お客様からのQ&A

ネイル施術で頂いたお客様の生の声

 

    グーグル地図 


  より大きな地図で
 岐阜のネイルスクールNANA
  の場所をみる

アクリルエアー と ジェルネイルの 相性と知識

 

先のページで、エアーブラシの基本練習で、できるようになる期間について説明しました。

 

基本練習をして、ある程度吹けるようになったところで、
サロン業務として、知っておくべき知識と、エアーについての最低限の知識の説明です。

 

いきなり厳しい話ですが、ジェルとアクリルカラーは相性はよくないです。

 

今回使っているアクリルカラーもそうですが、油分があるとハジクのはもちろん、
アクリルとの表面とジェルとの密着が悪いので、施術方法によっては、剥がれる事があります。

ジェルネイルとエアーアクリルの爪

 

アクリルが乾いた後に触ってみるとわかりますが、手に少しカラーが付くことからもわかりますね。

 

また、アクリルカラーは水分を含むので、それが蒸発する前にトップをかぶせると
トップの下で水分が蒸発できずに、浮きが出来る原因になったりもしますので、
しっかりと蒸発して、アクリルだけになってからトップをかぶせる事も大切です。
(水分だけでなく、揮発性のモノでも同じです。水の場合、カビの原因にもなりかねません)

 

ジェルネイルとエアーアクリルの剥がれやすい例

 

これ以外にも、アクリルが固いのに対して、ソフトジェルが柔らかいので、
衝撃や、何かの原因で断層が動くと、スグに剥がれの原因になりやすかったり、
お風呂や熱などでの膨張系でもアクリル層が厚いと・・・
断層でずれちゃって、その後剥がれの原因・・・ といったことも考えられます。

ですが、それらが ””なぜ??”” という事を理解できれば
それらを防ぎながら、長もちするエアーネイルが出来ますのでご安心ください。

 

ここまでは、ジェルと、エアーカラーの相性の悪さを伝えましたが、
性質を理解した上で施術すれば・・・ 長もちします。

 

私自身、メニューにもありますが、アクリルエアーネイルをしても
1カ月以上持ちますし、通常のジェルネイルと同じように長期間持ちます。

なので、その相性の悪い ジェル と アクリルカラー の
””剥がれを防ぐ方法”” が大切になってきます。
※これについては、実際に施術するページで詳細を

 

簡単に言うと、ジェル同士で囲んでしまう という事ですが、
文字では説明しにくいので、施術のページで詳細を伝えていますが、
ジェル同士で・・ となると、全体にエアーでのベタ塗はできないのか!? という事になります。

その場合は、爪の周りとジェルをしっかり密着させることで対処します。
※これも実際に施術するページで詳細を

 

詳細は、実際の施術の説明のページで、図と写真を使って説明しますので、
そこで理解できれば十分だと思います。

 

また、先ほども言ったように、アクリルカラーの表面を手でこすると手につきます。
なので、トップをかぶせる時も、トップジェルにひきずられて伸びることがあります (;´・ω・)
なので、線を引かないようにトップをかぶせるのも大切になってきます。
※これについても、実際に施術するページで紹介を

 

下処理(ベース)はすでに説明してあるので、※かなり大切です
同じ施術方法をすれば、剥がれることはほとんどありません。(現に私がないので)
あとは、ベース以外の 剥がれ と トップコート さえ理解&できるようにしてしまえば、
あとはアートと同じで、通常に施術するだけになりますので。

 

 

このページでは、相性は悪いけど、長もちエアーネイルは出来る
という事だけわかってもらいまして、実際の施術方法は 施術の流れ のページで。

その前に、知っておくべき知識で、
カラー と ポジ・ネガ の知っておくべき内容 の説明です。
特に言葉自体は覚える必要がないですが、知っておくと便利で、
使いこなせると、幅が広がる知識の1つなのでご紹介しておきます。

 

 

 

カラー と ネガ・ポジ のページ

 

 

 


いろいろなアートや、一段上のエアー技術、即オリジナルティをだして、
周りと差をつけたい!!目指したい!! という思いがある方は
エアースクール  と  エアー講習冊子 をのぞいてみてください。